La Perversità / La Perversità (1979)

La Perversità / La Perversità (1979)
Label: Scopa Invisible (France)
Catalog#: Scopa 10005
Format: Vinyl, LP

Jeanne Folly, J.l Hennig, VXZ 375, Hektor Zazou, Bazooka
Tous Travaux D'art - Kiki Picasso

Backing Vocals - Jack Kaspier (A2, A3), Lay Jeame (B1) 
Bass, Vocals, Guitar, Synthesizer - Medor Mader (A3) 
Guitar - Henry Kaiser (B3), Martin Mesonier (A2, B4) 
Slide Guitar - Lay Jeame (B4) 
Piano, Flute - Hector Zazou 
Violin - John Sindler (B2) 
Vocals - Jeanne Foly 
Vocals, Drums, Percussion - Hamilton Barclay

Notes: Including two black and white posters (60 x 60cm) with artwork printed on both sides. 
Track B5 is not listed on the cover or label; it contains a brief reprise snippet from "Satisfaction". 

Face Pile
A1: Strawberry Fields Forever  3:49
A2: 5'… Et Quelque De Bonheur...  5:43
A3:  I Love You S...  11:54
Face Face
B1: Satisfaction  2:29
B2: Para Bokassa  4:16
B3: On Dine  1:55
B4: La Soupeuse  10:33
B5: Untitled  0:26

友人からまとめて安く買った正体不明の一枚で、ジャケットが「Kiki Picasso」だったので見つけた時は驚いた。其れまでは存在すら知らなかった此のレコードだが、惜しむらくは「Bazooka」制作の付属ポスターかブックレットが紛失していた事。其の後Webで探し見つけたものをコンパイルしておいた。
「Kiki Picasso」については、その昔雑誌で「過激なパリ」という特集を見て以来のファン。Picassoとは何の関係も無い彼は、パリのアーティスト集団「Bazooka」に所属し「Loulou Picasso」等と紹介されていた。Elvis Costello "Armed Forces"にもイラストが使用されている。
音の方はDevoと時を同じくしての変態的A1、B1が印象的だが、稚拙さは微塵も無く早くも完成されたPost Punkといった感。Hector Zazouが中心だったのか、Discogsではディスコグラフィーに彼の名前で明記されている。プログレからワールドミュージックまで多才だった彼もとうとう鬼籍に入ってしまった。

3 件のコメント:

Jean-Luc さんのコメント...

If it is no trouble, Could you please re-up? Thank you

匿名 さんのコメント...

Could you please re-up?

best... R

quidtum さんのコメント...

+1 for a fresh new link please.

You might also like:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...